HOME > お知らせ > ミュージカル『Annie』

ニュース

ミュージカル『Annie』

2014年5月12日 [未分類]

~校長のブログより〜
スマイル組の千秋楽を観てきました。
S組のアニーはとても伸びのある声でしっかりした歌いかたをしていて、私は好感がもてました。
ヒロファンにも『アニー』やたくさんの子どもミュージカルに出たいと子役を目指してレッスンに来る子はたくさんいますが、幸いオーディションに合格してそのお稽古が始まると、周りの子役さん達の歌い方を真似したり、声量で負けまいと喉に負担のかかる発声をしたり、残念な歌い方になってしまう子ども達も多く、どうしたらいいんだろうと思い悩むところでもありました。
でも今日のS組アニーさんは、元々レッスンを受けている先生のご指導が良いのか、アニーの歌稽古で習得したのか、無理な喉発声ではなく、歌詞の途中で不自然に息継ぎすることもなく、本当に心地良い歌でした。
ただ、子ども達のセリフは早口でガナリ過ぎて聞き取りにくいのが残念でした。どうしても皆頑張り過ぎちゃうんですね。
夜公演のトゥモロー組の千秋楽も終わり今年の東京公演、本当にお疲れ様でした。
夏の地方公演が終わるまではまだまだ息抜きできないと思いますが、体を休めてまた頑張ってほしいです。
名央先生がタップキッズとして出た2001年は青山劇場のほかに札幌・仙台・新潟・名古屋・大阪・広島・福岡と9月初めまで夏休み中全国を駆け回った年でした。子ども達も親のもとを離れて兄弟姉妹のように夏休みを過ごすので、そのチームで一緒だったメンバーは大人になった今でもどこで会っても「名央ママ」と声をかけてくれます。先日も今宝塚で活躍中の姫歌ひな乃こと苫篠ひとみちゃんが池袋の駅で遠くから「名央ママー」と駆け寄ってきました。宝塚受験の時も2年に渡りヒロファンでレッスンをし、今公演前にも時間があればちゃんとレッスンに来る努力家さんです。あの可愛らしい笑顔の裏には芯の強さがあるんですね。
今年のアニーメンバーの5年10年先の活躍も見守りたいです。

ニュース

ページの先頭へもどる